敏感肌はケア用品に注意

敏感肌の方は、ニキビになり通常のケア用品を使用すると、かぶれやひどい時には、赤く顔が腫れあがるといった症状が出る時があります。

敏感肌になってしまうと、良いものも・悪いものもすべてにおいて皮膚内に多く吸収してしまう事が原因で皮膚がとても過剰に反応してしまうせいで何をしても肌に合わなくなるといった症状が出てくるのです。

なぜ敏感肌になるの?

敏感肌の原因は、もともと皮膚が薄くアレルギー体質の方がなりやすいと言われています。そのほかには、自分自身で敏感肌に変えている人が多く見られるようです。自分自身で?いつ?と思っている方!

あなたが使用している化粧品・ケア用品が原因です!必要以上に、効果を求めてしまうと、皮膚内に浸透しやすいものになってきます。その浸透力にも良し悪しがあるんです。

肌に浸透させすぎても、肌が本来持っている抵抗力が低下する事により角質間に広がりが生じてしまいます。

その広がりが原因で、化粧品やケア用品の残留物が角質間に残ってしまう事から体内の細胞が拒絶反応を起こしてかぶれ・赤く腫れる・かゆみなどといった敏感肌特有の症状が出てくるのです。

ケアの注意点

敏感肌ニキビケアは、絶対条件で肌質を改善しないといけません!そのためには十分な睡眠、栄養のバランスを考えた食事、生活そのものを改善しなければなりません!ニキビができたからと簡単な気持ちで洗顔したりする事は決してしないでください。

また新しいケア用品を使用する際に必ず二の腕の裏の皮膚が薄い部分で試す事をお勧めします。かぶれや腫れかゆみの症状が出たら使用しないほうが賢明です。